前へ
次へ

労働相談をするなら考えて相談

現在の企業でホワイト企業というのがまだまだ少ない現状です。多くの企業では、労働の違反もしているところがあります。現状から個人会社では、違反をしなければ追いつかない事もありますし、大手の下請けでは競争会社との差をつけねばならない事から、屋も得ずしているところもあるくらいです。円滑に済ませるには、不満があっても良く考えて労働相談をしなければなりません。生き残りをかけての仕事をしているところもありますので、小さい企業で働いている人は納得した上で働いています。ただ、大きな企業となれば話は別で強制的にさせているところがあれば、それは労働相談をした方や良いでしょう。雇い主となれば、大勢の社員を抱えていますから、どのような形でどうなっているのか把握していないところもあります。改善を求めての労働相談や、不当な形で辞めさせられた場合などは、内容と証拠をもとでに相談をしてください。どのような形であっても、感情だけで動かない事が最も大事です。

Page Top